愛知県丹羽郡大口町余野3丁目234
完全予約制駐車場あり
WEB
予約
オンライン
相談

症例

巻き爪の痛みによる影響

症例

巻き爪のお悩みで巻き爪専門院にご来院頂いた患者さんの施術前、施術後の変化です。

初回

施術前の巻き爪です。 施術後の状態です

初回の来院時には、

爪の片側が皮膚に食い込み

強い痛みが生じ、痛みを庇って歩かれていました。

隣の指に親指が横から押されることで、

さらに強い圧迫となり、

歩く度に痛みが生じてしまっていました。

痛みを庇って歩いていると、

どちらかに体重がかかるため、

膝や腰にも負担がかかってしまいます。

すでに腰にも影響が出ているご様子でした。

ですので、

巻き爪による痛みがある場合には、

まずは健康的に歩くことが出来るようにするために、

早めに巻き爪のケアを行っていきましょう。

そして、なぜ巻き爪になってしまったのか

カウンセリングや足の特徴、姿勢や歩き方からの動作を見て

原因を探していきます。

巻き爪の原因がどこにあるのかを自覚できることで、

巻き爪の再発を防止する意識も高まります。

当院では、再発防止のエクササイズやストレッチ、

その他の対策などをお伝えしております。

爪や足の健康への意識を高めていきましょう。

巻き爪に痛みにお悩みの方は

名古屋市北区黒川の巻き爪専門院へご相談ください。